後悔したが吉日

後悔したが吉日。

というのは、僕の座右の銘というか、エンジンです。
「思い立ったが吉日」の変化形。

自分のこれまでの人生に対して、今後悔していることを思い浮かべてみます。
たとえば。
(1)英語をもっとちゃんと勉強すれば良かったな
(2)大学の単位は早めにとってしまえば良かったな
(3)今日はもう1時間勉強すれば良かったな

「後悔している時」って、「もう取り返しのつかない時」のような気がしてませんか?
でも、そんなことはないと思います。
(1)今から英語を勉強すれば良い
(2)大学院の単位こそは早めにとるようにすれば良い
(3)今日がまだ終わっていないなら、今から1時間勉強すれば良い

後悔している時はまだ間に合います。
「間に合わねーよ!」と思った方は、本当に間に合わないか考えてみてください。
(考えてもやっぱり間に合わないことがあるなら、コメント欄にて教えてください。)

後悔しているだけで何もしないのは良くない。
・後悔の気持ちは精神的に良くない。
・後悔してても後悔の気持ちは消えない。
・それどころか、何もしないと状況はどんどん悪くなる一方。

というわけで。
「後悔」の気持ちが生まれたら、すぐに実行すべきです。
しかも、後悔というネガティブな気持ちを爆発させれば、いつもより頑張れるはず。
一石二鳥です。

「後悔」は「実行すべきタイミングを知らせるサイン」です。
なんか、自己啓発本みたいになりました。

さあ、はりきって後悔しようじゃないかー!

About katty0324

Leave a Reply

Scroll To Top