勝率の計算(4)

1週間かけてプログラムを、ある程度のところまで完成させることができました。

簡単なモデルを元に確率分布を生成し、早速シミュレーションしてみます。
モデル作りには、1999年から2008年の10年分のデータを利用しました。
そして、今年の1月のデータを使って、シミュレーションを実行します。

スタート資金を1万円に設定して、実行。
「不的中」を連発し、どんどん資金が減っていく様子を楽しめます。

ここで、今回用いたモデルについて。
馬ごとに、コースによって標準化されたタイムを時系列に並べて、その前後のデータの相関を見ます。
そこから、回帰分析をして単回帰直線を求めます。

回帰直線から得られた値を、正規分布の平均値とします。
モデルが導きだした値と真の値の偏差の分散を、正規分布の分散とします。ここテキトー。
そんな感じの正規分布を、タイムの確率分布とします。

・・・と、雑な説明だけど、どうせ使えないので真面目に説明する気がない。

そして、結果です。

見事、破産しました。

そんなに甘くはないよね・・・。
とりあえず、これを使って実際に実験しながら「答え」を探していきます。

About katty0324

Leave a Reply

Scroll To Top