KPIツールGeckoboardで色んなツールの指標やステータスを一画面にまとめる!

Geckoboardは、様々なWebサービスのデータを、一画面にまとめて表示するKPI管理ツールです。

スクリーンショット 2014-05-02 19.37.48

Your real time business dashboard | Geckoboard

運営しているのは、ロンドンの会社で、500 Startupsからの出資を受けています。

登録する

何はともあれ登録してみます。Geckoboardには無料のプランがありませんが、クレジットカードの登録なしで30日間の無料トライアルが利用できます。

登録に必要な情報は、名前とメールアドレス、パスワード、あとアカウント名です。アカウントは、KPI画面のURLのサブドメインにもなります。

スクリーンショット 2014-05-02 19.39.36

コレで、完了です。真っ黒のKPI画面へ移動します。

スクリーンショット 2014-05-02 19.40.40

ここに、KPIを表示していきます。

指標をウィジェットで追加していく

画面にウィジェットという形で、自分が管理したい指標を並べていきます。

ウィジェット追加画面の左には、連携可能なサービスが並んでいます。ここから連携したいサービスを選びます。

スクリーンショット 2014-05-02 19.41.19

最近、リアルタイムアクセス解析ツールのChartbeatを利用しているので、とりあえずこれを選択してみました。

スクリーンショット 2014-05-02 19.44.17

ChartbeatはAPIを公開していて、APIキーがあるので、これを取得して入力します。

連携が成功すれば、ウィジェットの表示設定の画面に移動しますので、ウィジェットの大きさなどを設定します。

スクリーンショット 2014-05-02 19.44.49

設定が完了すると、KPI画面に移動して、ウィジェットが見えるようになりました!

スクリーンショット 2014-05-02 19.45.35

表示されているグラフが、このブログの24時間の訪問数の推移です。

かなり簡単で、誰でもできそうです。

認証の方法はだいたい3通り

認証の方法は、だいたい3通りです。

  • IDとパスワードの入力
  • APIキーの入力
  • OAuth

Facebook、Twitterなどの有名サービスは、OAuth APIが整備されているので、これを利用するとクリックだけで連携が完了します。

スクリーンショット 2014-05-02 19.50.36

Chartbeatは、APIキーを取得してきて、それを入力するという方式でした。そもそもAPIが整備されていないサービスなどでは、IDとパスワードで認証することになります。

ウィジェットは100種類以上ある

見てみたところ、ウィジェットは100種類以上あるようなので、だいたいよく使われているサービスは網羅されているんじゃないでしょうか。

スクリーンショット 2014-05-02 20.20.59

試しに、色々と並べてみました。

スクリーンショット 2014-05-02 20.11.03

FacebookページのPV、GitHubのリポジトリのステータス、Jenkinsのビルド状態、RescueTimeで測定した自分の作業効率、などです。Youtubeはデータ点が足りなくて、うまく表示されませんでした。

サービスを運用する場合に、チームで共通の指標を追うのにも使えます。Google Analyticsの訪問数、Facebookページのいいね数、Twitterのリツイート数、などを一画面にまとめておけば、チームで同じ指標を追うことができます。

独自のウィジェットも作れる

こうなってくると自社サービスの指標も同じ画面で追いたくなります。サービスの課金額とか、コンテンツの投稿率とか、です。

Geckoboardはカスタムのウィジェットも作れるようになっているので、最後はこれで何でも作れます。

スクリーンショット 2014-05-02 20.33.45

データの扱いは、サービス側からデータを定期的に転送するPush型と、Geckoboard側からサービスに問い合わせをするPolling型の2種類があります。

Polling型を試すために、とりあえずテキトーなXMLデータをWebにホスティングしました。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<root>
    <item>
        <value>123</value>
        <text></text>
    </item>
    <item>
        <value>238</value>
        <text></text>
    </item>
</root>

カスタムウィジェットの追加画面から、このXMLのURLをポーリングするように設定してやります。

スクリーンショット 2014-05-02 20.33.59

これで管理画面に独自の指標が追加できます。

試したのは静的なXMLですが、実際に使う場合は、サービスのデータベースに接続して、動的にデータを返すようにします。

価格はユーザー数に応じたプラン制

価格は、基本的にユーザー数に応じたプラン制です。上位プランは少しの機能追加があります。1人で使うPERSONALプランが最低価格のプランで、月額$19です。

プラン名 ユーザー数 機能 価格
PERSONAL 1人 基本 $19/月
START UP 3人 カスタムCSS $59/月
Company 20人 独自ドメイン $399/月
ENTERPRISE 50人 独自ドメイン $999/月

30日のトライアルが可能ですが、無料のプランはありません。年間契約をすると少しだけ安くなります。

まとめ

サービスを運用するということは、指標を定めて、それを改善していくことに近いです。そのためには、まずはしっかりと良い指標を決めて、それを追える状態にする必要があります。

チームのメンバーそれぞれで追っている指標が違う、という状態になってしまうと、運用が迷走してしまいます。まずはKPI管理ツールで指標をしっかり共有することから始めると良いと思います。

指標が追える状態になって始めて、広告やメール、アプリならプッシュ通知などの、施策を打っていくことに意味が出てきます。

参考ページ

Business Dashboards Get Instant Widgets, And Geckoboard Gets $1.5M From Top Investors

About katty0324

Scroll To Top