同じ世帯年収なら、専業主婦をするより、共働きで稼ぐ方が得

パワーカップルは手取りの面で有利

共働きで世帯年収1,000万円以上の夫婦を「パワーカップル」というらしいです。

色々な定義はあるらしいですが、「年収1,000万円以上の人と結婚して専業主婦になる」という時代から、「共働きで1,000万円以上にする」みたいな時代に変化してきて、出てきた言葉だと思います。

この共働きですが、同じ世帯年収1,000万円でも、手取りの面では、片働きより有利らしいです。

シミュレーションしつつ、その理由について書きます。
(ちゃんとシミュレーションしていないので、間違えていたらごめんなさい)

共働きの場合は、年収1,000万円で手取り777万円

三菱総研の定義らしい、夫600万円、妻400万円で、シミュレーションしてみます。

このサイトを使って簡単に計算してみます。
税金・社会保険料・手取り計算シミュレーション(あなたの給料からパッとわかる) | 税金・社会保障教育

年収 税金 社会保険料 手取り
600万円 51万円 87万円 462万円
400万円 26万円 59万円 315万円
合計 1,000万円 77万円 146万円 777万円

手取りは、777万円でした。

社会人になってから、給料から2割くらい税金で引かれるんだなーと思っていましたが、実は高いのは税金じゃなくて社会保険料の方なんですね・・・。

片働きの場合は、年収1,000万円で手取り756万円

続いて、同じ世帯年収で、夫だけに収入がある場合です。

年収 税金 社会保険料 手取り
1,000万円 134万円 120万円 756万円
0円 0円 0円 0円
合計 1,000万円 134万円 120万円 756万円

こちらの場合は、手取りは、756万円でした。

というわけで、「共働きのほうが、21万円も手元に残るお金が多い」というシミュレーション結果になりました。

所得税は累進課税

片働きだと、何がそんなに高くなるかというと、所得税です。

税金 社会保険料
共働き 77万円 146万円
片働き 134万円 120万円

所得税は累進課税で、収入が多い人ほど税率が高くなるので、収入が増えると加速度的に税金が高くなります。
税金の法律は、完璧じゃない。けど、うまくできてる。」でも書きましたが、税金は、税を負担する能力に見合ったものであること、という考え方で、「たくさん払える人はたくさん払いましょう」ということになっています。

そのため、共働きで収入が分散しているほうが、税率が低く抑えられる、ということです。

片働きの場合は、扶養に入れるために社会保険料は下がります。
そして、扶養控除もあるので、税金も少し優遇されます。
しかし、それ以上に累進課税で上がる所得税が高いということですね。

そういうわけで、夫婦2人で稼ぐほうが得なので、みんなで働いて日本経済を活性化しましょう!

読んだ本

この本を読みました。

51DmrKkzwPL._SX344_BO1,204,203,200_
サラリーマンのための「手取り」が増えるワザ65――給料、年金、退職金、副業、パート収入、病気、出産で使える!

参考

「パワーカップル」はずるい? 同じ年収1500万でも「軽い税負担」なぜ

About katty0324

Comments are closed.

Scroll To Top