Mac OS XにMongo DBをインストールする。

7割はMy365の運用に使えるんじゃないかという希望的観測と、3割は趣味でMongoDBを少しかじってみることにしました。

MongoDBってなんだ?

まずはインストールするところまでです。ダウンロードして解凍して実行するだけなので、MongoDBにちょっと興味を持ったあなたも、一度やってみるのをおすすめします!

とりあえずインストール

MongoDB のWEBサイトから落とせます。

64bit版の現時点での最新バージョンは、2.0.3だそうです。
http://fastdl.mongodb.org/osx/mongodb-osx-x86_64-2.0.3.tgz

落として解凍します。ターミナルから落とすならこんな感じでしょうか。

curl -O http://fastdl.mongodb.org/osx/mongodb-osx-x86_64-2.0.3.tgz
tar zxvf mongodb-osx-x86_64-2.0.3.tgz

テキトーな場所に置いてデーモンを起動します。

mv ~/Downloads/mongodb-osx-x86_64-2.0.3 ~/Library/mongodb
mkdir ~/Library/mongodb/data
cd ~/Library/mongodb/bin
./mongod --dbpath=/Users/katty/Library/mongodb/data/ &

これだけで準備完了。MongoDBシェルを起動して使える状態になります。

MongoDBシェルを使ってみる

シェルの起動はmongoコマンドで行います。

./mongo

とりあえずデータベースの一覧の表示などしてみます。

> show dbs
local	(empty)
> use local
switched to db local
> show collections

終わり。

使ってみる

さあ、使ってみようと思って、MySQL脳でいくとまずはデータベースを作成してテーブルを作成して・・・となるのですが、MongoDBはそうではないらしいです。

> use practice
> db.user.save({name:'katty0324'})

別に作成していないデータベースpracticeをuseできて、別に作成していないしカラム定義もしていないテーブルにデータを保存することができます。これをすると、ごろごろっとログが流れてデータベースの作成を行なっているらしいことがわかります。

> show dbs
local	(empty)
practice	0.203125GB

実際表示させてみると、新しくpracticeというデータベースが作成されていました。

> db.user.save({name:'my365'})
> db.user.find()
{ "_id" : ObjectId("4f5ccc145ceb8fc0e46f5def"), "name" : "katty0324" }
{ "_id" : ObjectId("4f5ccc3e5ceb8fc0e46f5df0"), "name" : "my365" }

もう一つデータを保存して、findというクエリを投げてみました。これはSQLでいうところの、select * from userにあたるようです。

とりあえずデータ保存させたり取り出したりするくらいであれば、決して難しくはないですね。

About katty0324

One comment

Leave a Reply

Scroll To Top