Monthly Archives: 12月 2009

回帰直線を求める(2)

xとyの平均の点を通る直線。 この傾きを統計学的に求めれば、それが回帰直線です。では、いかに傾きを決定するか?その数学的理由は後で述べるとして、結論から。 この傾きは、共分散と分散の比で決まります。 こんな具合。分散は高校でも習った言葉だけど、共分散って何だ? これが分散と共分散の定義。こうやって見 ... Read More »

回帰直線を求める

早速、単回帰分析してみよう。まずは、大まかに解説。 赤色のような沢山のプロットを、一本の線で表現するのが回帰分析です。 「プロットの真ん中あたりを通るような線をフリーハンドで引いてください」と言われたら、なんとなく書けそうなくらい傾向は出てますね。 回帰分析は、「なんとなく」ではない理論的に誤差の小 ... Read More »

Excelで回帰分析

多変量解析は複雑な計算を必要とするので、高価なソフトが必要だったりします。 でも単回帰分析ならExcelでも簡単に実行可能。それどころか、既に使ったことがあるかもしれません。 実例と共に紹介します。これは、2008年の天皇賞とジャパンカップの両方に出走した馬のリストです。 「前走タイム」というのは、 ... Read More »

回帰分析(2)

久しぶり記事。春に熱中した多変量解析について書いていきます。 「競馬のために勉強した」というと動機が不純ですが、非常に便利なので。もちろん他の多くの分野にも適用できます。ひょっとしたら卒業研究にも使うかもしれないので、ここらで復習。 多変量解析は、その名の通り、多くの変量、つまり変数を扱う解析法の総 ... Read More »

Scroll To Top