Tag Archives: 評価

無限の長さの配列を扱うこともできる、Haskellの遅延評価とは

916Tv9qiy8L

Haskellを勉強していて、一番最初に面白いなと思ったのは、「無限の長さの配列を扱える」ということです。 他のほとんどのプログラミング言語では、配列を定義するということは、メモリ空間を確保する、ということなので、無限の配列は扱えません。無限の容量のメモリはないですからね。 引き続き、こちらの本を読 ... Read More »

Scroll To Top