ブラウザで使える「テキスト一括置換ツール」を作りました。

久しぶりに、ちょっとしたサービスを作りました。

広告

作ったサービスの紹介

テキスト一括置換ツール」というものを作りました。

長めのテキストデータを、一定のルールに従って、書き換えていきたい。ひたすらキーボードを打てば済むけど、楽をしたい。という用途を満たすためのツールです。

どうやって使うのか?

このツールは、「変換ルール」と「インプット・アウトプット」の欄に分かれています。

まず、変換ルールのところに、「テキストをどう変換するか」を設定しています。変換ルールは、設定値を入れてカスタマイズしたり、追加・削除をしたり、オン・オフをしたりできます。

変換ルールが完成しらた、「インプット」に文字を入れます。すると、変換された結果が「アウトプット」にリアルタイムに反映されます。

結果に満足したら「コピーする」ボタンを押して、他の場所に持っていけば終了です。

なぜ作ったか?

「あったら便利かも」と思ったのもありますが、最近の技術のキャッチアップをしたくて作りました。

ここ数年くらいの技術で、まだ使ったことがないけど、使ってみたい技術があります。新しい技術を習得するのは、作りながら学ぶのが一番なので、なにかテーマを決めて作ってみようと思いました。

  • Bootstrap 5
  • React Hooks
  • TypeScript 4
  • Ruby 3
  • Steep
  • Ruby on Rails 6.1

今はまだフロントエンドのみで実装しているので、今後Ruby 3やSteepを使ってみたいと思っています。

今後の予定

今は変換ルールの選択肢が「文字の置換」と「行の先頭の文字を除去」しかないです。まずは、これを増やしていきたいです。

データベースを構築して、変換ルールを自由に登録・再利用できるようにしていけたらと思っています。そのために、最近リリースされたRuby 3を使ってみたいと思っています。

あとは、変換ルールの並べ替えだったり、設定値をブラウザに保持させたり、といったUIの改善をしたいなと思っています。

しかし、その前に、まともなサービス名をつけたい・・・。

タイトルとURLをコピーしました