Muninのインストール

Cactiのインストール に続いてMuninをインストールします。こちらもまずは、多数のサーバのリソースを監視するのではなく、自分自身をモニタリングするところまでです。

広告

EC2インスタンスを立ち上げる

Amazon LinuxのAMIをベースにしていますので、環境によってインストール手順は適宜変えてください。

パッケージ管理システムからインストール

httpdとmuninを指定してインストールします。

sudo yum install -y httpd
sudo yum install -y munin
sudo chkconfig httpd on
sudo /etc/init.d/httpd start

MuninはCactiと違って、MySQLを使っていないですね。だからインストールも簡単です。

アクセスしてみる

以下のようなURLでアクセスしてみます。

http://example.com/munin/


なんかMuninの関連ファイルらしきものは見えますが、まだ開けません。Muninは、データを集計したあとに静的なWEBページを生成するので、データを集計していない状態では、そのページが存在しないためです。

Muninノードをインストール

監視対象のサーバには、Muninノードをインストールします。今回は自分自身を監視するのが目的なので、自分自身にインストールします。

sudo yum install -y munin-node
sudo chkconfig munin-node on
sudo /etc/init.d/munin-node start

インストールしたら起動。これで待つこと数秒。

再度アクセスしてみる

開けたー!簡単すぎて涙が出る。

コメント

  1. […] 先にMuninの設定をしておかないと動きません。MuninのインストールとMuninの監視対象を追加する。も参考にしてください。 […]

タイトルとURLをコピーしました