広告
チーム

優秀な同僚と一緒にすばらしい仕事ができることが最大のインセンティブ

このタイトルだけだと「やりがい搾取」っぽいけど、NETFLIXは給料も最高水準なんですよね。 NETFLIXのカルチャー この本を読みました。 NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く NETFLIXの文化について書かれた本で...
マーケティング

1000人を分析するより、1人の意見を聞くほうがうまくいく

…のかもしれない。 データによる最適化の限界 僕はかなりの理系脳で、データ見て何かを意思決定したりすることが好きで、それが強みだとも思っています。 データを見ていると、大量に「非効率なもの」が見えてきて、それを最適化すると、物事がうまくいく...
Haskell

HaskellでHello WorldのWebアプリケーションに再挑戦

前回までのあらすじ: Yesodを使ってHello Worldをしようとして、Hello Worldすら表示できませんでした。 HaskellのWebフレームワークYesodでHello World Haskellの言語を学んでも、Webア...
広告
Haskell

Haskellの特徴である参照透過性とは?

Haskellの参照透過性という特徴について試していこうと思います。 読んでいる本はこちらです。 すごいHaskellたのしく学ぼう! 参照透過性とは? Wikipediaによるとこうです。 ある式が参照透過であるとは、その式をその式の値...
Haskell

無限の長さの配列を扱うこともできる、Haskellの遅延評価とは

Haskellを勉強していて、一番最初に面白いなと思ったのは、「無限の長さの配列を扱える」ということです。 他のほとんどのプログラミング言語では、配列を定義するということは、メモリ空間を確保する、ということなので、無限の配列は扱えません。無...
経営

戦略を決める時に「勝利とは何か」を考える

この本を読みました。 P&G式 「勝つために戦う」戦略 戦略は5つの選択 戦略は、次の5つの問いに答えること、とされています。 勝利とは何か? どこで戦うか? どう戦うか? どんな強みを使うか? どんな経営システムが必要か? ...
Haskell

HaskellのWebフレームワークYesodでHello World

HaskellでWebアプリケーションを作ってみたくなりました。 まずはこの本でHaskellの勉強をしています。まだ途中ですが、難しいことを書いているのに読みやすくて良い本です! すごいHaskellたのしく学ぼう! しかし、関数型らし...
WEB開発

ソースコードの見通しを良くするには、データとロジックを一体にする

「同じ処理を何度も書いている気がする・・・」というのは、ソースコードの見通しが悪くなってくる前兆ですよね。 同じ処理を何度も書くことの問題 同じ処理を何度も書くというのは、2つの理由で問題があります。 単純な繰り返し作業...
チーム

ティール組織には、チームリーダーがいなくて、役割ごとのリーダーがいる

ティール組織のセルフマネジメントという考え方が良いと思ったので、まとめです。 この本を読みました。 ティール組織――新しい働き方のスタイル その前に、今までの組織とは? ティール組織以前の組織は、4つに分類されています。 レッド組織:...
経営

「僕の夢に付き合ってもらっている」へのマインドチェンジ

ファクトリエというECサイトについての本を見つけたので、読みました。 ものがたりのあるものづくり ファクトリエが起こす「服」革命 ファクトリエとは? 簡単にいえば、アパレルの産地直送のようなサイトです。 僕は、テレビで見て知って、財布も買...
広告
タイトルとURLをコピーしました