広告
エレクトロニクス

実験第1回予習

テーマ「演算増幅器, DTL-NANDの特性測定」実験・オペアンプを用いて積分器を製作し、その特性を測定する。・DTLによるNAND回路を製作し、その特性を測定する。まもなく恐怖の電気電子工学実験が始まります。じっくり予習して取り組むことに...
日記

研究室

一体、何でもって研究室が決められるのか良く分からない・・・。電子工学科の学生となって1年が経ちました。そろそろ研究室のことを考えなきゃいけない時期です。・・・どれが良いかなんて考えなくても、凄く心惹かれる研究室があるんです。黒田研究室です。...
勉強

暗号化方式

暗号化については、複雑な理論があるんでしょうが、そういう話ではなく。暗号化のタイプについての話です。暗号化には「鍵」を使います。鍵には2種類あります。「秘密鍵」と「公開鍵」です。秘密鍵とは、特定の人しか持っていない鍵です。家の鍵は、家の人し...
広告

栢木先生の基本情報技術者教室

今日から授業が始まりました。いかに授業に振り回されずに、自分の勉強を持続させるかが課題です。表紙からも想像できる通り、かるーい感じで楽しく読むことができました。特に面白かったのが、セキュリティの項目の暗号化についてです。これについては別項目...
日記

春休み終了

春休みのまとめ!これは、大学に入ってからの2年分。左から順に、16ヶ月分、6ヶ月分、2ヶ月分。・・・が、ほぼ同じ量になってしまうという不思議。そして、これが春休みに読破したテキストたち。春休みの勉強時間は、合計15,000分くらいでした。・...

VHDLとCPLDによるロジック設計入門

TTLのロジックICを使ってキッチンタイマーを作っていますが、これは何十年も前の設計手法です。現代でディジタル回路を設計するというと、ハードウェア記述言語で設計するようです。ハードウェア記述言語として、少し前にVerilog HDLというの...

定本 トランジスタ回路の設計

トランジスタの動作のイメージが掴めていないことが、半導体デバイスが苦手な原因だろうと推測。こういう時は簡単な本でイメージを掴んでしまう主義です。確かに簡単な本ではありましたが、読むのに時間がかかる本でした。途中で心が折れましたが、なんとか読...
勉強

メモリ容量の限度

サラッと読めるかなと思って読み始めた本が意外と手ごわく。1週間かかってしまったが、明日には読み終わりそうです。それについては明日書くとして・・・。今日は、アセンブラや機械語、CPUなどコンピュータの構造について勉強していた時の発見です。今ま...

電磁気学の考え方

最近ちょっと脱線しすぎだったので、軌道修正しようと思います。電子工学科の学生なのに電磁気学が分からないのはまずいだろうということで、電磁気学。相性が悪いのか何なのか、どうも電磁気学が苦手だったのです。大学に入って1年半の間、何だかんだで電磁...

CPUの創りかた

本日の教科書はこれ。あまりにもふざけた表紙。高校生の時に本屋で平積みにされているのを見て、手に取ったような取らなかったような。とりあえず、当時思ったことと言えば。「無理だろー。」とそれだけでした。無理じゃなかったです、ごめんなさい。まず、な...
広告
タイトルとURLをコピーしました