Countlyでモバイルアプリのリアルタイム解析をする!

Webのアクセス解析ツールは数が多く、それぞれに異なった目的というか特性があります。

たとえば、Mixpanelは簡単で、解析の柔軟性が非常に高いです。

WEBアクセス解析ツールMixpanelが簡単なのに凄い。

Chartbeatはリアルタイムに、今見ているユーザーを解析することができます。

アクセス解析ツールChartbeatで、Google Analyticsより凄いリアルタイム解析をする。

Countlyは、モバイルアプリのリアルタイム解析ツール

Countlyは、モバイルアプリのリアルタイム解析ツールです。

スクリーンショット 2014-07-17 17.13.21

Countly Mobile AnalyticsCountly Mobile Analytics

立ち位置としてはChartbeatに近く、リアルタイム性の強い解析ツールです。Chartbeatとの違いは、ChartbeatがWebページ用の解析ツールであるのに対して、Countlyはモバイルアプリ向けに作られています。

新規登録してみる

登録は、名前、メールアドレス、パスワードでできます。

スクリーンショット 2014-07-17 17.16.20

ユーザー登録が完了したらアプリの情報を登録します。

スクリーンショット 2014-07-17 17.19.40

これでSDKの導入に使うキーが取得できます。

SDKを導入

SDKは、GitHubにて公開されています。

Countly/countly-sdk-iosCountly/countly-sdk-ios

導入には、7つのファイルをプロジェクトに入れます。

  • Countly.h / Countly.m
  • Countly_OpenUDID.h / Countly_OpenUDID.m
  • CountlyDB.h / CountlyDB.m
  • Countly.xcdatamodeld

プロジェクトでARCを使っている場合は、Countlyのコードには、Non-ARCでコンパイルするためのフラグを設定する必要があります。

-fno-objc-arc

依存フレームワークとして、CoreTelephony.frameworkとCoreData.frameworkを追加します。ここで、CoreTelephony.frameworkはOptionalに設定しておきます。

  • CoreTelephony.framework (Optional)
  • CoreData.framework

コードとしては、Countlyのヘッダーファイルを読んで、start:withHost:メソッドを呼ぶだけです。

#import "Countly.h"
- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {
    [[Countly sharedInstance] start:@"83344a18e94ff19690eaa50b9d5b0df10ed9213b" withHost:@"https://cloud.count.ly"];
    // ...(略)...
    return YES;
}

特にログが出ないので、キーを間違えていたりしても良く分かりませんので、注意が必要です。

導入が成功すると、管理画面に計測が表示されます!

スクリーンショット 2014-07-17 17.31.55

自分1人のデータしかなくて、解析の良さが分からないので、ここからはデモを見ていきます。

デモを見る

ダッシュボードには、ユーザー数や、滞在時間、地域、アプリバージョンなどの情報が一覧になっています。

スクリーンショット 2014-07-17 17.33.57

画面の右上の設定から、時間のレンジを切り替えられるようになっていて、当日の1時間ごとのグラフから、1年間を通しての月ごとのグラフまで見ることができます。

解析画面で何が見えるか?

まず、ユーザー数やユーザーの行動情報が閲覧できます。

スクリーンショット 2014-07-17 17.39.46

  • 新規ユーザー数
  • 再訪ユーザー数
  • 再訪回数の分布
  • 再訪間隔の分布
  • セッション数
  • 新規セッション数
  • ユニークセッション数

ユーザーの地域なども確認することができます。

スクリーンショット 2014-07-17 17.35.59

  • 地域別のユーザー数

また、ユーザーの端末の情報や、アプリのバージョンなどの情報も閲覧できます。

スクリーンショット 2014-07-17 17.36.07

  • 端末のモデル名
  • OSの割合
  • ディスプレイ解像度の割合
  • アプリのバージョンの割合
  • 通信キャリアの割合

価格はセッション数に応じたプラン制

価格は、セッション数に応じて変わるプラン制です。機能の差はなさそうです。

プラン名 セッション数 価格
FREE 10,000セッションまで 無料
PROFESSIONAL 500,000セッションまで $69/月
BUSINESS 2,000,000セッションまで $189/月
ENTERPRISE それ以上

10,000セッションまでは無料で使うことができます。

まとめ

Mixpanelは、解析の柔軟性が高く、解析の目的が変化しても、管理画面から欲しいデータを引き出すことができます。

Countlyは、どちらかというとリアルタイム性を重視しているようで、解析の内容は定点観測的です。しかしながら、必要な情報はひと通り揃っているので、運用のPDCAを高速に回したい場合など、即時性が重視される状況で活躍しそうです。

About katty0324

Scroll To Top