PHPでちょっとした処理をしたいなら対話シェルが便利。

「PHPでちょっとした処理をさせたいなー」という時に、今までいちいちテキストファイルにソースコードを書いて保存して実行する・・・みたいなことをしていました。

$ vim somescript.php
$ php somescript.php
$ rm somescript.php

ところが最近PHPのドキュメントを読んでいてある発見をしました。

対話シェルがあった

PHP: 対話シェル – Manual

普通にPHPを解釈してくれるシェルがありました。

$ php -a

起動方法はターミナルで、-aオプション付きでphpを実行するだけ。

Interactive shell
 
php >

シェルが立ち上がって、入力待ちの状態になります。

ちょっとした計算なら十分使える

実際に使ってみると、ちょっとした処理なら十分に使えるなー、という感じ。

php > echo sqrt(1+2+3+4+5);
3.8729833462074

ちょっと計算したいなー、とか。

php > echo htmlspecialchars('<>');
&lt;&gt;

ちょっとした文字列変換したいなー、とか。

php > echo json_encode(array('user'=>'katty0324'));
{"user":"katty0324"}

データをJSON化したいなー、とか。

使い道は色々ありそうです。

About katty0324

Leave a Reply

Scroll To Top