フレーム

限界まで分解した結果。

GIANT ALUXX 6061-T6 アルミニウム オーバーサイズチュービング リプレーサブルリアエンド OLD130mm

これが自転車のフレームです。
といっても、余分なパーツがついてます。
専用工具がいくつか必要なので外してません。

ちなみに、右が前です。
一応。

フレームのサイズというのは、3つの三角形が共有している辺の部分です。
シートチューブとか呼ぶみたいです。

フレームの前側の三角形の上の辺をトップチューブと言います。
乗ったときに一番体に近い辺です。
クラシックなロードバイクはこの辺が地面と水平になります。
ホリゾンタルとはこのこと。

逆にマウンテンバイクとかクロスバイクは傾斜がつけられていて、スローピングとか言います。
このフレームはかなり傾斜がきついです。
どちらが良いかは好みもあるみたいですが、個人的には水平の方が好きです。

フレームを取り換えるとしたら、アンカーのRNC7なんて良いのかなと思ってます。

・カーボンはいつ折れるか分からないので、クロモリは安心。
・ついでに丈夫さゆえの細めのデザインでカッコイイ。
・フレーム重量が1.6kg代と、鉄の割には軽い。
・ホリゾンタル。
・価格は、高いけどぶっ飛んでない。

ところで、フレームって意外に軽い。
カーボンのフレームだと1kgくらいです。
パック牛乳が1本です。
これで人間を支えられるとは・・・。

About katty0324

Leave a Reply

Scroll To Top