モバイルサービスの解析と運用を一貫しておこなえるツールUpsight

PlayHavenという会社と、Kontagentという会社が、昨年に合併しました。そして両社のサービスを統合してできたのが、Upsightです。
スクリーンショット 2014-04-28 17.46.54
Upsight | Actionable Analytics for Developers
PlayHavenは、ユーザーの獲得、継続、マネタイズを支援するツールを提供しており、Kontagentは、解析ツールを提供していました。

広告

解析と運用を一貫しておこなう

サービスの統合は、お互いを補完する形になっています。PlayHavenにとっては運用を効率化するための解析が、Kontagentにとっては解析を元にした運用の実施ができるようになります。
PlayHavenは、合併の数ヶ月前にStaq.ioという解析サービスのスタートアップを買収していて、いずれにしても解析と運用を一貫しておこなう方向だったと思います。
SIROKで提供しているGrowth Pushも同様で、ただプッシュ通知を打つだけではなく、解析の機能を強化したのがヒットの要因でした。結果として、当初の想定をはるかに上回るスピードで導入が進んでいます。
何時にお知らせを送るのが一番効果的か分かる、プッシュ解析サービスGrowthPush
別のサービスである5Rocksは、分析ツールの面を押していますが、キャンペーンなどの機能もあり、Upsightととても近いサービスを提供しています。
ソーシャルゲーム向け分析ツール5Rocksのライブデモを見る。
両社の今のところの大きな違いは、5Rocksがゲームに特化していることで、Upsightは特定のセグメントに特化していないことです。スタートアップとして特定のセグメントに特化するのは戦略なので、どちらが良いとは言えませんが、どちらも注目されています。

基本的なアプリの解析ができる

まずは解析の機能です。解析ツールは最初データが入っていない状態ではなかなか良さが分からないのですが、デモがあったのでデモで使い勝手を確認してみます。
まずサマリー画面で、インストールや、継続率、売上といった基本的な指標を追うことができます。
スクリーンショット 2014-04-28 18.55.43
継続率の表もあります。
スクリーンショット 2014-04-28 18.59.20
同様の機能は、Mixpanelなどの他の解析ツールにもありますが、何か運用施策を打ったあと継続率に変化があると、表に斜めの筋が走ります。比較的小さな変化でも視覚的に分かるので、とても強力です。
WEBアクセス解析ツールMixpanelが簡単なのに凄い。
基本指標として売上や、ARPUも確認できます。
スクリーンショット 2014-04-28 19.00.23

カスタムイベントの分析ができる

無料プランでは利用できませんが、基本的な指標以外に、独自のイベントを送信して分析することもできます。
スクリーンショット 2014-04-28 19.00.58
解析画面でイベントを選択すると、そのイベントに対するグラフが表示されます。
スクリーンショット 2014-04-28 19.01.50
イベントは、ディレクトリ構造のように整理されているのが便利です。
My365のアプリの運用で、Google Analyticsに色々なイベントをしかけたことがあるのですが、独自のイベントは数が増えると管理できなくなってしまいます。そこで、ネームスペースのようにしてイベントが整理されていると、安心してイベントを追加できて良いです。
ちなみに、分析データのストレージは無制限とのことです。

リアルタイム分析とHiveによる分析

リアルタイム分析の機能もあります。更新間隔は、10秒くらいずつなので、画面上はあまりリアルタイム感はないです。
スクリーンショット 2014-04-28 19.02.43
その他に、Enterpriseプランでは、Hiveを利用してデータ分析をすることもできます。
スクリーンショット 2014-04-28 19.03.03
細かく分析をしようと思うと、結局最後は自分で直接DBに接続してSQL叩くことになるようなことも多いので、これは便利です。

運用の支援ツール

分析だけでなく、運用までできるのが、Upsightの強みでもあります。
まずユーザーの獲得に関してです。広告を出稿してユーザー獲得をしている場合に、出稿先ごとの広告効果の計測ができます。
スクリーンショット 2014-04-28 18.58.30
これで効率良くユーザーを獲得したら、ユーザーの継続を促すために、アプリ内のメッセージを配信したり、プッシュ通知を配信したりできます。
スクリーンショット 2014-04-28 19.29.47
またPlayHavenがもっていたアドネットワークによってアプリの収益化までをすることもできます。だいたいなんでもできる感じです。

導入はSDKから

アプリへの導入はSDKによっておこないます。
スクリーンショット 2014-04-29 15.46.05
| Upsight Analytics Documentation
SDKは、iOSとAndroid向けが提供されています。
いずれもコンパイル済みのライブラリではなく、ソースコードで提供されているので、ライブラリの内容を自ら確認することができます。
Androidの場合はライブラリプロジェクトとして追加し、iOSの場合はソースコードをプロジェクトに追加する形で利用できるようにします。

価格は、プラン制

価格は、プラン制になっていて、プランごとに機能の制限と、データ送信回数への制限があります。

プラン名 価格
Free 無料
Core $500/月
Pro $2,000/月
Enterprise

高度な解析のために提供されているHiveによるデータ分析の機能などは、Enterpriseプランでの提供になっているので、使い倒そうと思うとEnterpriseプランとなりそうです。

参考ページ

PlayHaven/Kontagent reboot as Upsight, offering a single platform for game analytics and monetization
A Merger In Gaming Services: Playhaven, Kontagent Combine In An All-Stock Deal Worth “Hundreds of Millions”
Playhaven Acquires Staq.io To Beef Up Gaming Analytics
Kontagent Expands Beyond Facebook To Offer Analytics To Web And Mobile Apps

タイトルとURLをコピーしました