Monthly Archives: 12月 2009

偏相関係数

前走タイムだけでは、情報が足りなすぎる。 そこで、年齢というデータを追加してみます。 ここからが、回帰分析の面白いところ。少し難しいところでもあります。 「前走タイム」と「年齢」という説明変数と、「走破タイム」という目的変数があります。その間の相関係数を求めてみると、0.91と0.41という値になり ... Read More »

相関係数

回帰分析をする上で欠かせない指標が「相関係数」です。良く考えたら、最初にこれを書くべきだった。 相関係数の定義は複数ありますが、これは「ピアソンの積率相関係数」という定義。共分散を標準偏差で割ったものです。 統計指標は、数式で書くと複雑になりがち。 標準偏差は分散の平方根なので、共分散を分散で割った ... Read More »

あんかけチャーハン

最近、チャーハンにハマってます。鍋を振り回すのが好きだってのもあるんだけど。 ニコニコ動画にチャーハンを作っているだけの動画がいっぱいアップされていて。勉強になるなーと思ってたくさん見て、それらを参考に作ってみたら、「う・・・うまい!」っていう経緯。 ただのチャーハンにもそろそろ飽きてきたので、あん ... Read More »

回帰直線を求める(4)

偏差の2乗を最小化します。 最小化といえば、「微分して0とおく」ですね。数学屋の人たちに、「ちゃんと増減を調べろよ」と言われそうです。 実際には、これで得られる答えは、「最小値」じゃなくて「極値」です。が、計算対象の性質から最小値が存在するとわかっている時は、これで良しとします。 計算してみて、解が ... Read More »

回帰直線を求める(3)

こんにちわ。amazonでIllustratorを注文したら、実はMacintosh版でした。へこんでます。 キャンセル不可とな・・・。 気を取り直して、今日も元気に回帰分析していこう。回帰直線の傾きは、共分散と分散の比で得られました。その数学的根拠を説明していきます。 回帰直線。回帰係数aとbを統 ... Read More »

Scroll To Top